Articles of Faith

信仰箇条

1. 聖書について

聖書66巻は、聖霊に動かされた人々が、超自然的、逐語的に霊感されて書いた神のことばそのものであり、神の最終的な完全で唯一の啓示である。

2. 神について

父子聖霊の三位一体の神は、唯一真の神であり、天地の創造主、支配者であられる。

3. イエス・キリストについて

イエス・キリストは、罪のない神でありながら、完全な人となって処女マリヤからお生まれになった。キリストは十字架上で死なれ葬られたが、三日目によみがえり、神の王座の右に着座された。

4. 聖霊について

新生は聖霊の働きであり、信者に証印を押す。しるしとしての賜物(異言・癒し・新しい啓示など)はすでに終わったものであり、今の時代の癒しや奇跡は、しるしのためではない。

5. 創造について

神は世界を無の状態からことばによって創造された。創世記にある創造の記録は寓意的、比喩的にではなく、字義的に受け取る。

6. 人間の堕落について

人は罪のない完全な者に造られたが、罪を犯し堕落した。その結果、罪は全人類に及んだ。

7. 罪の贖いについて

罪人の救いは神の恵みによる。罪のないキリストが身代わりとなり、罪の罰を受けてくださった。

8. 新生における恵みについて

罪人が救われるためには、キリストにある瞬間的な新しい創造である新生が必要である。これによって、罪と咎の中に死んでいた者は神の性質にあずかる者とされ、永遠のいのちを受ける。

9. 救いの自由性について

救いはすべての人に提供されている。救いを妨げるものは、拒むことだけである。

10. 悔い改めと信仰について

救われるために必要なのは、悔い改めと信仰である。悔い改めとは、自分の罪を認めて後にし、神に立ち返ることである。信仰とは、キリストの死・埋葬・復活を受け入れ、キリストを救い主として認め告白することである。

11. 教会について

教会は、イエス・キリストを救い主として信じた後、バプテスマを受けた者が、福音の信仰と交わりに加わる会衆を指す。教会はバプテスマと主の晩餐の2つを礼典とし、キリストをかしらとする。教会の目的は、福音を宣べ伝えキリストの弟子をつくること、お互いの信仰と霊性を築き上げること、神の栄光を礼拝・奉仕・生活などを通して表すことである。按手を受けるべき職務は、牧師(長老・監督)および執事である。地方教会には自治の権利があり、聖職制度からの干渉を受けず、会衆が牧師に導かれて一切の決定を行う。

12. バプテスマについて

バプテスマは、教会が守るべき礼典である。バプテスマはキリストの死・埋葬・復活を象徴的に表すもので、新生を証しするものである。バプテスマは、キリストの模範にならった、全浸礼で行う。

13. キリストの再臨について

キリストは将来、目に見える肉体をもって雲の中に現れる。そのとき、ラッパが鳴り響き、まず、死んだ聖徒たちがよみがえり、そのあと生きているクリスチャンも天に引き上げられ、栄光の体に変えられる。世界は7年間の艱難時代に入ったあと、悪魔は縛られる。キリストがダビデの王座に着き、クリスチャンと共に千年の間この世界を治める。そして最後に、キリストの大きな白い御座のさばきの後、天と地が新しく造られ、神の永遠の王国が造られる。