About

blog author peeking out from behind large rocks

Just by Grace へようこそ!

立ち寄って下さり、とても嬉しいです!

私は小さい頃から、日曜日はキリスト教会へ通っていました。聖書のお話に親しみ、その素晴らしさを味わいました。今も聖書が大好きで、子供向けの聖書教材を作っているほどです。

2016年に結婚し、現在は夫とふたりで暮らしていますが、私は殆どの時間をこの教材作成に使っています。聖書は、人生を喜びに満ちたものに変えることができます。人生を変えるだけではなく、永遠のいのちを与えることができる書物です。私はそれを多くの人に知らせたいと願っていました。どんなふうにしてそれができるのかはわかりませんでしたが、神様はちょうど良い時に最善の形でその働きを与えて下さいました。”ただ恵みによって” Just by Graceを始めることができて本当に嬉しいです!

Bible and coffee

世界のベストセラーと言われる聖書ですが、とても厚い本ですので、最初から最後まで読むのは難しいと思われる方が多いかもしれません。私も聖書の他には、こんなに厚い本を読み切ったことはありません…! Just by Graceでは、聖書の中のストーリーを100話に分けて、1話ずつ紹介し、そこから学んだことを分かち合いたいと願っています。一緒に、聖書の世界を冒険しましょう (*^^*)

名前の由来について

Just by Grace の名前は、私の「恵」という名前から取りました。私は自分の名前をとても気に入っていて、名付けてくれた母に心から感謝しています。

母は人生で初めて神様のことを知ったとき、この「ただ恵みによって」という聖書の言葉によって自分のすべてを神様に委ねました。神様を知ることは、自分の努力や才能によってではなく、神様からの一方的な「ただ恵みによる」のだと。母はその2年後に生まれた私に、「恵」と名付けてくれたのです。

tanker ship and sunset

人生の導き手であり、足元を照らすともしびであり、人生の荒波から守る盾である聖書の世界を冒険することは、人生の醍醐味です。そして、その冒険を、他の誰かと共有することは、私にとってさらにエキサイティングなことです。

わたしはこの冒険に出て深みに漕ぎ出そうと決心したとき、その船にJust by Grace と名付けました。これは私の努力や才能によるものではなく、”ただ恵みによって” 生み出されて行くものだからです。私に素敵な名前を付け、神様からの愛を注いで育ててくれた母に、心から感謝しています。

※エペソ人への手紙2章5節

“Benjamin” について

神様はオーストラリアからベンジャミンを、東京から私を連れ出して、北海道の地で結婚に導かれました。現在私たちは札幌近郊で暮らしています。

ベンジャミンはJust by Graceの翻訳者を務めてくれているだけではなく、アドバイザーとしてこのサイトをあらゆる面で助けてくれています。彼はTOEIC満点を誇る完全なバイリンガルで、頼れるWord Pressのテクニカルサポーターです。彼の勤務する会社はアメリカのAutomattic社で、彼はその働きを専門としています。私は機械関係に疎く、コピー機にさえも悩まされるほどなので、彼のサポートなしにはこの働きは実現できませんでした。私は妻として彼を誇りに思い、また完全に頼りにしています。

彼の両親は30年ほど前にオーストラリアから日本へ宣教師としてやって来ました。彼の父は私が最も尊敬する牧師であり、聖書教育に対する情熱とその働きは卓越しています。私の夫は忠実なクリスチャンであり、素晴らしい説教者で、幼い頃から培われてきた聖書知識と信仰は、本当に優れたものです。

私がJust by Graceを立ち上げ、冒険の船を深みへ漕ぎ出していく準備を全力で応援してくれた夫と、私に聖書の知識と真理を熱心に教えてくださった義両親に、心から感謝しています。

私が新しく生まれた日

私は4人兄弟の末子として東京都で生まれました。私は小さい頃から教会に通い、聖書のお話を聞きながら育ちました。神様のことが大好きで、聖書のお話もたくさん知っていましたが、“新しく生まれる”経験をしないまま20歳まで過ごしました。私はそれを経験したつもりでいました。

あるとき、私は病気になってしまったのですが、死んだあと天国に行く確信を持っていませんでした。私の心は恐くて真っ暗になりました。それで初めて、聖書の真理を理解していないことに気が付きました。私はまだ、自分の罪について考えたことがなかったのです。産まれる前から教会に通っていましたし、自分はクリスチャンで良い人なのだと勘違いしていました。私が大切にしていたのは宝箱であって、宝ではなかったのです。イエス・キリストが私の代わりに罪の罰を受けて下さった事実を理解していなかったことをその日初めて知り、「神様、私の罪を赦してください。イエス様が私のために犠牲を払ってくださったことを信じます。」と祈りました。

その日、私は宝箱に詰める宝探しの旅に出発しました。その4年後に、夫とその両親に出会い、そのときから私の宝探しの旅を色々な形で手伝ってくれています。私は新しく生まれた日から大きく変わりました。聖書の世界は躍動し、色あざやかな景色に変わりました。

聖書が他のすべての書物と決定的に違うのは、神様の息が吹き込まれた、生きている書物だということです。聖書は不思議な書物なので、私たちの心の小部屋をひとつずつ開けていくことで、さらに奥にまた世界が見えてきます。Just by Graceを訪れた方が、読み方ひとつで高さも深さも広さも限りなく広がる、この不思議な聖書の世界を冒険し、宝箱いっぱいに真理を見つけてもらえたらと願っています。

私の信条について詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください