20. エジプトで偉くなったヨセフ

Bible Story 20

タイトル:エジプトで偉くなったヨセフ
聖書箇所:創世記章 41章 1節-42章8節

そこで、ヨセフはエジプトの地に産した7年間の食糧をことごとく集め、その食糧を町々にたくわえた。

創世記 41章48節

The Story

エジプトの王パロは、ある夜、不思議な夢を見ました。その夢が何を意味しているのかと、パロの心は落ち着かず、エジプト中の知恵ある者たちを呼び集めました。けれども、その夢の解き明かしをできる者は、1人もいませんでした。

Entrance to Egyptian stone structure

ある日、ヨセフが夢を解き明かすことができるという噂を聞いたパロは、急いでヨセフを監獄から呼び寄せました。ヨセフは夢を解き明かしました。この夢は、やがてエジプトに来る7年間の大豊作と7年間の大飢饉を予知したものでした。

夢を解き明かしたことで、パロは、神様がヨセフに知恵を与えてくださっていることを認め、ヨセフを王の次に権威ある者として、エジプトの支配を任せました。ヨセフは、7年間の大飢饉に備えるように指示を出しました。人々はヨセフに従い、大豊作のうちに食糧を蓄えました。

やがて、大飢饉が襲ってきた時、エジプトには食糧がたくさんありました。世界中から食糧を買いにエジプトにやって来る人々が、後を絶ちませんでした。そしてなんと、その人々の中に、ヨセフをエジプトに売った兄たちがいたのです…!

The Lesson

Point: 予期せぬ出来事に備える

ここで差し迫っている飢饉は、旧約聖書で予告された多くの災害とは違って、神の裁きとしての飢饉ではなかった。それは、人生の中で起きる予期せぬ出来事の一つであった。賢い管理者がいれば、こうした不測の出来事の中でも守られる。賢い管理者は、特別に大きな災害を予知した場合、なんらかの特別な対策もとるからである。(「ティンデル聖書注解-創世記-」デレク・キドナー著 / P. 245参照)

By Grace「備えあれば憂いなし」

4年程前、私たち夫婦は、教会の仕事でハワイ州に6週間滞在する機会がありました。留守にする準備を色々整え、家中の食材は使い切り、冷蔵庫の中も空にして出かけました。

Looking into an empty fridge

ハワイでの滞在が残り3日となった日、私たちが住んでいる北海道に台風が直撃し、翌日に大地震が起きました。お店は品薄になり、停電や断水がいつまで続くかわからない状況の中、私たちの帰国する日がやって来ました。

もしこんなことになると知っていたら、出かける前に食糧を空にはしなかったと後悔しながら帰途につきました。家に帰ると、夫の両親が品薄になったお店から買い集めてきてくれた食糧が置いてありました。それを見た瞬間、本当に感謝しホッとしたのを覚えています。それがなかったら私たちはどうなっていたでしょう…?あの日以来、長期で出かける時にも、絶対に食糧を空にしないと決めました。

ヨセフは、7年間の大飢饉が来るという事実も、それがいつ起きるかということも知っていました。それで十分備えることができたのです。私たちが、備えることを怠るのには原因があります。それが本当に起きるかわからないという認識の甘さと、いつ起きるかわからないという時期の曖昧さです。私たちは、予期せぬ出来事が起こり得るという漠然とした認識はあっても、それがいつどのようにやってくるかは予測できません。それで、備えを怠ることがあるのです。

Woman holding an open book

私たちは、自分の体や心、行動を管理することを神様から任されています。人生の中で起きる予期せぬ出来事にも対処できるように知恵を蓄えることも、良い管理者に求められています。いつ、何が起きるかわからない人生の旅路を歩む中で、対処する知恵を蓄えることは、食糧を空にしないことと同じです。

Application: 聖書を読んで、人生の中で起きる予期せぬ出来事への対処の知恵を備えよう!

知恵を得よ。悟りを得よ。忘れてはならない。私の口の授けたことばからそれてはならない。知恵を捨てるな。それがあなたを守る。これを愛せ。これがあなたを保つ。

箴言4章5-6節
A sunset behind a camel standing on a sand dune
%d bloggers like this: