海を越えて

先日、88歳になる夫の祖父が、オーストラリアから1人きりで来日しました。夫の家族と一緒に空港までお迎えに行き、無事に到着するのをドキドキしながら待ちました。

おじいちゃんは、これまでに何十カ国もの国を旅した経験のある冒険家なのですが、それでも高齢になった今、長時間の移動は体に負担がかかります。

View of Sydney harbor from an airplane window

元気なおじいちゃんの笑顔と、大きなスーツケースが現れた時には、思わず涙が流れてしまいました。この荷物と一緒に移動するのは、どれほど大変だったか、家族への想いが伝わりました。

おじいちゃんは、私の母が闘病していた頃、いつも励ましのメールを送ってくれました。その言葉はとても優しく知恵深く、母の心も私の心も支えてくれました。

これまで、私たちの新しい家の様子を、メールやブログでおじいちゃんに伝えていましたが、その家で一緒に食事をするなんて、夢のようなひと時でした。おじいちゃんは、自分でスイカを切ると言って包丁を握ると、私よりも早い包丁さばきで、あっという間に切り分けました。

Grandpa cutting watermelon

私も、88歳になった時、おじいちゃんのように海外旅行に出かけ、スイカをシャキシャキと切り、真っ直ぐな背筋でユーモアたっぷりにお喋りする、そんなおばあちゃんになりたいと思いました(*´꒳`*)

おじいちゃんと一緒に過ごした数日間は、私たちにとって大切な思い出となりました。お別れの時は、寂しさに胸が込み上げましたが、近いうちにオーストラリアに会いに行きたいと願っています…!おじいちゃんのオーストラリアでの暮らしを、神様が守って下さいますように☆彡

Me hugging grandpa and saying goodbye at the airport
%d bloggers like this: