我が家の9月1日

今週の水曜日は防災の日だったので、我が家では今年も防災グッズを見直しました。

まず、非常用持ち出し袋に入れてある食品や備蓄してある食品を確認し、賞味期限が近ければ新しいものと交換します。今年は、5年保存できる食品をいくつか買い足しました。

とても美味しいと話題の「えいようかん」も、前から気になっていたので、これを機に購入♪ 最初からたくさんは買わず、5本入りの小さいものを選びました。おやつの時間に夫と食べてみましたが、甘すぎず程よい大きさで食べやすかったです。災害時でなくても、甘いものは必須なので、備蓄を兼ねて箱買いし、普段のおやつにします( *´艸`)

非常用トイレも、今年は新しく追加しました。色々種類があって迷いましたが、実際に使うことになるまでは基本的にしまっておくものなので、機能性も備えつつできるだけコンパクトなものを選ぶことにしました。結局、臭い対策にも定評があるBOSの製品を購入してみましたが、届いてみると予想以上にコンパクトで気に入りました。これを実際に使う日が来ないことを願います…!

pink and white portable phone chargers

保険証や身分証明書のコピーも、有効期限が更新されたものと入れ替えました。夫の在留カードのコピーも忘れずに入れておきます。

モバイルバッテリーは、しばらく買い換えていませんでしたが、最近は大容量で軽いものも出てきているので、思い切って古いものと交換しました。新しいモバイルバッテリーは、モックスナイスというブランドのものです。手のひらに収まるほどのサイズで、重さは276gですが、容量は2000mAhもあります。2台同時充電ができるところも便利です。

非常用持ち出し袋の中には、小さな聖書も入れてあります。災害時こそ、神様のことばが必要な時です。”人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる”(マタイの福音書4章4節)と聖書に書かれてあるとおり、私たちは体のためだけでなく、心のためにも備えが必要です。

今回、防災グッズを整理しながら、小学生の頃の避難訓練を思い出しました。当時、富士山の麓にある小学校に通っていたので、毎年9月1日の避難訓練は特別な意気込みがあったように思います。緊迫した空気の中、本番さながらの勢いで訓練するので、私にとってそれは訓練ではなく、本当の避難のように感じました(*ノωノ)

小さい頃に教えられたことは、大人になっても心に刻まれているもので、9月1日防災の日の「備え」は、形を変えて今も我が家で続いています☆彡

autumn leaves
%d bloggers like this: