春の楽しみ

冷たく凍った冬が、春の陽に溶けて、枯れた景色も再び命の色を取り戻しました。柔らかな日差しが親しみを込めて近づき、世界を優しく包んだとき、私は春がどんなに暖かかったかを思い出しました。

pink blossoms

喜びと期待を運んできてくれるこの季節が、私はとても好きです。

闘病中の母は、苦しい毎日が続いています。体調の悪い夜には、そばに付き添いながら、この苦しみが早く過ぎ去るようにと祈ります。

冬が終わり春が必ず訪れるように、いつか神様のもとで永遠に春のような日を過ごすことは、私たちにとって大きな希望です…!

さて、春になると作りたくなる桜もちを、今年は夫と一緒に作りました♪桜の葉に可愛らしくくるまった桃色のお餅を眺めるだけで、なんだか幸せな気分になります( *´艸`)

-材料(12個分)-

Japanese sakura-mochi and green tea
  • 道明寺粉 150g
  • グラニュー糖 大さじ2
  • 水 220cc
  • 色素 適量
  • こしあん 180g
  • 桜の葉の塩漬け 12枚

-作り方-

  1. 桜の葉を水に30分ほどつけ、塩抜きする。
  2. こしあんを12等分して丸めておく
  3. ボウルに、道明寺粉とグラニュー糖を入れ、水を加えながら混ぜる。
  4. 色素を加え、桃色に着色する。
  5. ラップをかけ、電子レンジで4分加熱し、そのまま10分蒸らす。
  6. 餅を12等分し、手のひらで楕円形に伸ばす。
  7. こしあんを包み形を作る。
  8. 桜の葉で包んで完成!

見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。

黙示録21章3-4節

%d bloggers like this: