10. アブラハムへの神の約束

baby-and-father

この投稿を英語で読む(近日公開)

Bible Story 10

タイトル:アブラハムへの神の約束
聖書箇所:創世記15章1節-18章15節

わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に立てる。わたしは、あなたをおびただしくふやそう。

創世記17章2節

The Story

神様は、カナンへ出発するようにとアブラハムに命じたとき、ある約束を彼と結びました。それは、アブラハムの子孫はおびただしく増え、多くの国民となるという約束でした。アブラハムとサラには子どもがいませんでしたが、アブラハムは神様の約束を信じました。

starry sky in the desert

ふたりがカナンに住むようになってしばらく経ったある日の夜、神様は星空の下で、アブラハムに語り掛けました。「あなたの子孫は、この星の数ほどになる」カナンに向けて出発するときに与えられた約束を、神様はもう一度アブラハムに確信させました。

それから長い歳月が流れましたが、アブラハムとサラには子どもが与えられませんでした。「本当に子どもは生まれるのだろうか…?」アブラハムの宙ぶらりんの心は、そんな疑いを抱えながらゆらゆらと揺れます。

待つことに限界を感じたサラは、アブラハムに思い切った提案をしました。それは、彼女の女奴隷によって子どもを得るという計画でした。実現するともわからない神様の約束を、ただ待ち続けるよりも、自分の手で人生を切り開こう!そう決心したのです。アブラハムは彼女の考えを受け入れました。

こうして、女奴隷ハガルが男の子を産んだとき、アブラハムは86歳になっていました。アブラハムは、生まれてきた男の子に、イシュマエルという名前を付けました。

a baby with blue eyes

神様は再びアブラハムに語りました。サラが男の子を産むことを、はっきりと約束されたのです。このときアブラハムは99歳でした。そして次の年、ついに100歳のアブラハムと90歳のサラの間に、男の子が誕生しました…!イサクと名付けられた、この男の子こそ、神様の約束の子でした。最初の約束から25年が経っていました。長い歳月を経て、神様はアブラハムとの約束を実現されたのでした。

The Lesson

Point: 神様の約束の実現を確信する

アブラハムは厳格な一夫一婦論者であった。しかし、当時の道徳的にあいまいな考え方によると、正妻の下の位置を占める婦人を召し入れてもよいことになっていた。その場合、生まれた子供は、一般的な慣習によって、あたかも正妻のものであるかのようにみなされた(信仰の高嶺を目指してーアブラハムの生涯からー/F・Bマイアー著/p.141-142参照)。

map of the Middle East

イシュマエルを産んだハガルは、サラを見下すようになり、彼女たちの関係は敵対した。それだけではなく、後に、イシュマエルはアラブ人の先祖となり、ユダヤ人との間に幾世紀にもわたる敵対関係が生じた。ユダヤ人との敵対関係は幾世紀にも続いている。アブラハムとサラが、自分たちの手で人生を切り開こうとした結果が、現在のパレスチナ問題へと発展したのである。


By Grace「疑似経験と確信の原理」

green sprouts in small black pots

最近、「グリーンペット」という水耕栽培キットを購入しました。水耕栽培は、私にとって初めての挑戦です。セパレート型の可愛らしいボトルで、ハーブを育てます。「こうやってセットして種を蒔いて下さいね」という説明書の指示に従って、わくわくドキドキ胸を躍らせながら種を蒔き、「そうすれば芽が出ますよ」という約束を信じて、明るい窓辺に置きました。

植えた直後から、私の「まだかな?まだかな?」が始まりました。何度も覗き込んでは「まだ出ない」とがっかりします。楽しみなことを待つときは、なぜこんなにゆっくりと時が流れるのでしょう。

watering a small sprout

植えてから2日経っても、変化のない人口的なセラミックボールに、「本当に芽が出るかな…?」と心配になります。説明書を取り出して、書いてある通りにセットしたことを再度確認。

ようやく3日経ったとき、セラミックボールの隙間にいのちの気配が…!!私は大はしゃぎで夫に見せに行きました。「やっと芽が出たよ~!」と喜ぶ私に「もう出たの!?」と驚く夫。植物には嬉しい、梅雨のような湿気と暑い夏日が続いたおかげです。

約束を待ち望む姿勢には、信頼が深く関係しています。もし一度でも、このキットで水耕栽培に成功した経験があれば、信頼度はぐっと上がり、本当に芽が出ると確信して待つことができます。どのくらいで芽が出るか、目安もわかります。

アブラハムは、「カナンへ行ってくださいね」という神様の指示に従って、ドキドキしながら出発し、「そうすれば子どもが与えられますよ」という約束を信じて待ちました。もし一度でも、神様の約束の実現を経験したことがあれば、神様への信頼度はぐっと上がり、本当に子どもが与えられると、確信して待つことができたでしょう。約束の実現には、時間がかかることも知っています。

child reading the bible on the bed

後の世代の私たちは、アブラハムを通して神様の約束の実現を「疑似経験」できるので、神様への信頼度はぐっと上がり、神様の約束は本当に実現すると確信して待つことができます。

神様は、聖書のあらゆる歴史を通して、私たちに「疑似経験」を与えてくださいます。聖書の世界を疑似経験すればするほど、神様の特徴や、神様のなさることについて知ることができ、神様への信頼度はぐんぐん上がってゆきます。そして確信を与えられるのです。

Application: 聖書を通して神様を知り、確信を持って神様を信頼します…!

あなたの義は永遠の義、あなたのみおしえは、まことです。

詩篇119章142節
father praying over baby in the sunrise

Previous

Next

%d bloggers like this: